お金を今すぐ借りたい!即日借りれる業者はドコ?

今すぐにお金を借りるために抑えておくポイントはここ!

 

消費者金融や銀行のカードローンで即日にお金を借りるためには、どのような点に気をつける必要があるのでしょうか?

 

ここではすぐ当日でお金を借りるための「注意点とポイント」をお話ししていきます。

 

営業時間内に契約完了しないと即日融資はできない!

消費者金融や銀行のカードローンを申し込んでから融資を受ける為に大切なことは、素早く手続きを済ませること。

 

申し込みは郵送ではなく、携帯電話やスマホ・パソコンなどからのインターネット申込の方が、素早く済ませることが出来ます。

 

そして各金融機関の営業時間内に審査から振込手続きまで完了させることです。

 

これは振込手続きの処理時間を過ぎてしまうと、翌営業日に振り込まれてしまうからです。

 

金融会社によって振込手続きの処理時間は異なりますので、申し込み前に必ず確認しておくと良いでしょう。

 

基本的に、審査時間というものは人によって異なります。

 

そのため、即日キャッシングの締め切り時間ギリギリに申込をするのは止めましょう。

 

審査に時間がかかれば、その日に現金が振り込んで貰えなくなってしまいます。

 

できれば余裕を持って午前中などから申し込みをし始めるようにしましょう。

 

原則として平日に申込すること!

消費者金融や銀行のカードローンの申し込みは土日や祝日でも可能ですが、即日でお金を借りたいとなると平日に申し込みをしなければなりません。

 

これは、各カードローン業者で「即日融資希望の場合は平日に申し込みをしてください」と記載されているからです。

 

しかし、大手の消費者金融であれば土日や祝日でも「自動契約機」を使うことで、休日などでも審査をしてくれるところが多いです。

 

もし、平日に申込をするのが厳しいという人は、休日に無人契約機まで出向けば即日キャッシングは可能となります。

 

ただし、自動契約機の営業時間内までに契約完了・振込み手続きを済ませなければ、当日中には借りれないので注意してください。

 

また、大手銀行系カードローンの場合は無人契約機がない金融もあるのでよく覚えておきましょう。

 

即日融資は銀行よりも消費者金融が最適!?

消費者金融や銀行のカードローンは銀行、信販、消費者金融と種類がありますが、即日にお金を借りるのであれば消費者金融が最適です。

 

銀行は審査が厳しく時間がかかりますので、申し込み当日に手続きが完了する可能性が低いからです。

 

これに対し消費者金融は審査がスピーディーので、即日借りるのに適しています。

 

また、銀行系カードローンでは自動契約機がないという銀行も多いからです。

 

どうしても今日中にお金が必要という人は、大手の消費者金融のカードローンを選ぶのがオススメです。

 

自動契約機を使えばより確実に即日借りれる!

全ての手続を完了させても、ローンカードがすぐに郵送されてくることはありません。

 

やはり郵便となると2〜3日かかってしまうからです。

 

ここで注意点ですが、中にはキャッシュカードがなければ即日融資ができないカードローン会社もあるということです。

 

ですから自動契約機で申し込みからカード発行まで行うのが一番確実なのではないでしょうか。

 

上記でも述べましたが、自動契約機なら土日祝の申し込み可能です。

 

しかし、カードローン業者によっては指定の銀行口座を持っている場合、営業時間内に申しこめば24時間振込に対応してくれるところもあります。

 

申込先のカードローン会社の詳細をよく確認したうえで申し込むようにしましょう。

 

審査なしで即日借りれるカードローンはあるの?

 

カードローン会社から融資を受けるには必ず審査通過しなければいけません。

 

審査なしですぐに借りれる貸金業者は無いかと探される方も多いようですが、基本的にそのような業者はありません。

 

大手消費者金融や銀行カードローンといった金融機関はもちろんですが、貸金業登録を行なっていない街金融や闇金ですら審査や在籍確認の電話はしっかりと行います。

 

仮に審査なしですぐに融資を行なっている業者があるとすれば、悪質な業者であることに間違いはありませんので絶対に手を出さないことです。

 

またブラックでも審査通過できるような業者も避けるべきです。

 

後から法外な利息を請求し債務者を追い込む手口を使いますので、注意しましょう。

 

 

カードローン審査の基準は、多少異なるかもしれませんがチェックすべきところは基本的に似ています。

 

安定した収入があるかどうか、勤続年数は短くないか、他社から借入れをしているのか、過去に返済遅滞や滞納経験は無いかなど、申込者にお金を貸してきちんと返済してくれるかどうかを審査でチェックしています。

 

お金を借りたいがために虚偽の申告をされる方もいますが、信用情報機関にて一人一人の金融履歴は把握されていますので、調べればすぐに分かってしまうのです。

 

ですから嘘の申告は絶対にしないことです。

 

 

審査には収入証明書の提出が求められますので、収入を偽ってもバレるのは言うまでも無いでしょう。

 

金融会社によって、お金を借りれる限度額は異なりますが、あくまで個人で借入可能な額は年収の3分の1までとされています。

 

申し込みページに記載されている限度額が、自身の年収の3分の1を超えていれば当然その額いっぱいにお金を借りることはできません。

 

借入希望額が大きくなるほど審査は慎重になります。

 

 

 

他社からの借入れを一つにまとめるおまとめローンも当然通常の審査よりも厳しくなります。

 

審査基準は基本的に同じですが、銀行系の方が消費者金融系よりも厳しいと言われています。

 

低金利で融資を行うという理由もそうですが、個人への貸付だけが主な業務ではないため、その分相手を選ぶことが出来ますので、より審査は厳しくなるようです。