プロミスの審査基準は甘いのか厳しいのか調べてみた!

プロミスは他社借入があっても審査は大丈夫?必要書類は何?

 

銀行系のカードローンでの借入となると非常に審査が厳しくなり、なかなか審査に通らないとも言われています。

 

逆に、銀行系に比べれば審査が甘いと言われてるのが、消費者金融です。

 

勿論、そんな消費者金融の数も多くありますので、どこを利用するかで多少なりとも審査の厳しさは変わってきます。

 

であれば、できるだけ審査がゆるく信頼のおける企業を使いたいと思うが、人の心というものです。

 

 

では消費者金融として人気の高い、プロミスの審査基準は甘いほうなのでしょうか?

 

消費者金融として誰もが名を知る、プロミスは、4.5%〜17.8%と金利も低めで安心して利用する事ができます。

 

しかし、そういった好条件の消費者金融であるからして「審査は難しいのではないか?」とも思いますよね?

 

 

実際、プロミスでの審査は決して緩いというわけではなく、ちゃんとした厳しい審査が行なわれます。

 

まず、満20歳以上であることは必須条件ですので、このあたりは注意していきましょう。

 

さらに、無職などの働いていないという場合、審査通過はまずムリです。

 

やはりお金を借りる際に返済能力が無いというのは「信頼が無い」ということになるので、プロミスでの借り入れは難しいでしょう。

 

 

しかし、その逆にしっかりと働いていて安定収入があるのであれば、アルバイトやパート、派遣社員でもプロミスでキャッシングすることは審査上できるのです。

 

最低でも、週に3回以上定期的に働いているということで、安定的な収入があることが必須でしょう。

 

もちろん、職場での勤続の年数が長ければそれだけグッドと言えます。

 

できるだけ安定的な収入源さえあれば、審査には有利だということを覚えてきましょう。

 

ただし、他社の消費者金融などで複数借り入れをしている場合は、プロミスでの融資審査がより厳しくなるものだと思ってください。

 

 

ちなみに、「仕事場にプロミスから在籍確認の電話が職場にあるのかないのか?」と不安な人も多いと思いますが、プロミスでは基本的には在籍確認電話はあります。

 

ただ、担当者が個人の苗字などで電話してくるので、勤務先でバレるという心配はそこまでないと思いますよ。

 

また、プロミスの融資審査時に必要な書類は、運転免許証などの本人確認ができる身分証明書が必須ですよ。

 

 

このように、プロミスの審査は決して通りやすいものではありません。

 

しかし、安定した収入がありちゃんと働いていれば審査は通過可能なので、まずは条件を確認しプロミスに申し込みをしてみましょう。