収入証明書が必要なしで借りれる消費者金融・銀行は?

借り入れ時に収入証明が必要無い消費者金融や銀行はどこ?

 

消費者金融や銀行というのは、事業として融資を提供しているワケですから、収入が無く、返済出来そうも無い人に対してキャッシングカードの発行はしていません。

 

実際に大手消費者金融や銀行カードローンへ申し込みをしてみますとわかりますが、申込書には様々な記入欄が用意されており、その全てを嘘偽り無く記入しなければいけません。

 

その申込書と一緒に、本人確認書類としてパスポートや運転免許証、学生証などの身分証明書を貸金業者に提示し、審査が行われます。

 

この際、年収額を記入する欄があり、基本的には自己申請で問題ありませんが、場合によっては、本当にその年収額を稼いでいるのか収入証明の提示を求められることがあります。

 

大手消費者金融では50万円未満でしたら原則として年収証明書類は必要ありませんが、希望限度額が50万円を超えて申し込みをする場合には、貸金業法の総量規制によって、必ず所得証明書が必要です。

 

例えば確定申告書の写し、源泉徴収票、給与明細書、課税証明書などが挙げられ、提示を求められた場合、これら書類を出さなければ借入することは出来ません。

 

また何度か借入と返済を繰り返していると、利用限度額50万円以上可能というお知らせがありますが、その場合にも収入証明は必要です。