多重債務・他社借入が多い人は他の金融で借りれるのか?

多重債務者やブラックの人が新たに融資を受けるのは困難!

 

近年テレビやラジオ、雑誌のCMで債務整理という言葉を頻繁に見たり聞いたりします。

 

それほど一時期ほどではありませんが、複数社借入をしている人が多い傾向にあり、いわゆる多重債務者と呼ばれています。

 

多重債務であればあるほど、さらにお金の悩みを抱えてしまうことになり、中にはさらにお金が必要で他社借入が出来ないかと考えます。

 

消費者金融は総量規制の対象となるため、年収額の1/3を超える融資は行っていなく、また複数の借入があると融資を断られてしまいます。

 

また銀行系カードローンは総量規制対象外ではありますが、どんなにおまとめローンや借り換えローンなどを宣伝していたとしても、正直なところ審査が厳しいので借りれる可能性は低いでしょう。

 

やはり3件以上の他社借入件数があると、融資を受けるのは難しいでしょう。

 

複数社から借入があってどうしてもさらにキャッシングをしたい場合には、中小のサラ金を利用する方法がありますが、金利や利息が多少高く設定されていることと、闇金が紛れていることがあるので利用はオススメ出来ません。

 

確かに闇金でしたら借りられるかもしれませんが、強引な取り立てや暴言により、必ず後悔することになります。

 

このことから多重債務で悩んでいる方は、新たなキャッシングは考えず、返済だけに集中するか、もしくは弁護士などのプロに任せて債務整理の検討を推奨します。