キャッシング審査でウソをついたらバレる?バレない?

融資審査のときにで嘘をついたらどうなるの?

 

銀行カードローンや大手消費者金融といったカードローン会社へ融資の申し込みをする際には、必ず審査を行うこととなり、この審査基準を満たしていなければ融資を断られてしまいます。

 

当たり前のことですが、カードローン審査で返済能力に欠けると判断されれば、貸金サービスもボランティア事業では無いため、断るのは仕方の無いことです。

 

ではこのキャッシング審査でウソをついたらバレてしまうのでしょうか?それともバレずに審査を進めてくれるのでしょうか?

 

「本当は他社の借り入れ額は100万円あるけど、30万円にしておこう」「勤続年数は一年未満だけど5年にしておこう」などとあくどいことを考えても残念ながら無駄なことです。

 

例えば前者の他社借り入れ額については、個人情報が保存されている信用情報機関のデータベースを参照することによって、簡単にバレてしまいます。

 

そして勤務年数についても、収入証明書を提示することで確実にバレます。

 

偽りの情報を提示しなくても審査に通過出来た場合でも、嘘がバレれば利用限度額の減額や融資拒否、最悪のケースでは詐称の罪で訴えられてしまうこともあるのでご注意ください。

 

また審査では勤務先への在籍確認電話が行われますので、嘘の勤務先を提示したところで簡単にバレてしまうことになります。