水商売が消費者金融ですぐお金を借りることは可能?

夜の仕事は消費者金融や銀行系カードローンで融資してもらえる?

 

世の中には色々な仕事がありますが、その中でも水商売は不安定な社会的イメージがあります。

 

キャバクラ嬢・ホスト等にスポットが当たるようになり、モデルとして活躍しているホステスさんも増えてきて、最近の若者たちは夜の仕事にも憧れを抱くようになってきました。

 

しかし、夜の仕事でお酒も入り、さらには風俗店勤務となると訳ありの人が働く確率も高く、社会的信用性に欠ける印象が払拭できないイメージもあります。

 

では、そんな水商売のお仕事の人は消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りることができるのでしょうか?

 

これについてですが、どのような仕事をしていたとしても「毎月安定的な収入」さえあれば、借入審査においての第1条件をクリアしていることになります。

 

つまり、水商売の仕事をしていたとしてもちゃんと働いていて安定収入があるのであればカードローンでお金を借りることはできるのです。

 

ですので、ちゃんと働いているのであれば、まずは申し込みをしてみるといいでしょう。

 

 

ちなみに、カードローンなどでお金を借りる場合まず審査が行なわれますが、このとき勤務先のお店に在籍を確認するための電話がいく場合が多いです。

 

働いている会社の社員証などを亭主打つできれば電話連絡なしにもできますが、水商売で働いている人の場合はなかなか難しいのが現実です。

 

そのため、在籍確認電話はかかってくると思ったほうがよいでしょう。

 

ただし、なにもカードローン会社を直接名乗って電話してくるわけではありません。

 

多くの場合は「電話をかけてくる担当者の個人名」でかかってきます。

 

そのため、お店の店長やスタッフ・キャストにバレる心配はないでしょう。

 

 

しかし、水商売の人の多くは源氏名を使っています。

 

その場合、本名で在籍確認の電話が来ても困りますよね?

 

これに関してですが、アコムなどは申し込みの時点で事前に源氏名を伝えておけば、源氏名での在籍確認も可能だそうです。

 

また、水商売の人の中には「アリバイ会社」などを利用し、在籍を偽造する人もいるようですが、バレた場合、詐称罪に問われることもあるので止めましょう。