審査の緩い銀行系カードローンはどの業者ですか?

銀行系カードローンの中で審査基準が甘いのは一体どこなの?

 

 

銀行系のカードローンは審査が厳しいというイメージを持っている人が多いかと思います。

 

確かに、審査に通らないことには借り入れができないので、審査が厳しいかどうかというのは非常に重要になるのです。

 

この審査基準というのは、各銀行や消費者金融で基準が違っています。

 

より厳しい審査基準のところもあれば、比較的ゆるい審査基準のところもあるのですが、基準は様々となっています。

 

 

では、審査が甘い基準の銀行系カードローンは存在するのでしょうか?

 

口コミなどをみると「三井住友銀行や三菱UFJ銀行が審査が甘い」といった書き込みが見られますが、基本的にはそんなことはありません。

 

多くの場合、銀行のカードローンは消費者金融などに比べ審査は厳しく見られるのです。

 

ですので、無職やブラック・多重債務者がキャッシングできる銀行系カードローンはまずないと思ったほうがよいでしょう。

 

 

ちなみに金融機関の審査というのは、収入や借金の有無などを見られるのですが、ウソの偽情報で登録してもすぐに見破られてしまって、審査に落とされてしまいます。

 

職場の勤続年数については、やはり長いほうが審査には有利で、あまりに短いと落ちてしまう可能性は高くなるようです。

 

銀行系のカードローンは金利は安いものの、審査期間に時間がかかり、さらに基準が厳しいという特徴があるのです。

 

 

しかし、反対に大手の消費者金融は、金利が高いものの比較的銀行系カードローンよりは利用しやすいといえます。

 

大手の消費者金融のカードローンはアルバイトやパートの人でもちゃんと働いていて毎月収入が安定していれば審査通過は十分に可能なのです。

 

また、条件を満たせば即日融資も可能です。

 

そのため、すぐにお金が必要という人は銀行カードローンで申し込みをするよりも、消費者金融で借り入れをするようにした方がいいようです。

 

ただし、消費者金融のカードローンもやはり働いていない人への貸付は行なっていませんので注意しましょう。