カードローンでお金を借りる時の初回限度額はいくら?

初回の限度額は最高借入額に鳴子とはまず無い!

 

カードローンの申し込みページにて「最大300万円まで融資可能」と、書かれていても誰しも最大融資額を融資してもらえるわけではありません。

 

利用限度額は各個人の年収は勿論、これまでの借入状況に応じて審査され決められるものなのです。

 

キャッシングをする前に知っておきたいのが「総量規制」です。

 

改正貸金業法の施行により、年収の3分の1までしかキャッシング出来なくなりました。

 

借り過ぎ・貸し過ぎを防止するための策であり、消費者金融からの借入れが総量規制の対象となり、銀行カードローンは対象外になります。

 

 

注意点として1つの消費者金融から借り入れできる額が年収の3分の1ではなく、総合計ということです。

 

例えば年収が300万円でA社から30万円キャッシングをしている場合、B社からは70万円までしか融資を受けられないと言う事になります。

 

 

最高限度額は総量規制だけで決まるわけではなく、各金融機関による審査も考慮されます。

 

収入だけでなく勤務年数、年齢、職業、持ち家の有無など様々な情報を元に審査が行われ利用可能枠が決定されます。

 

 

また過去に借入れ経験がある場合は、その時の返済状況なども審査にかけられますので、遅滞や滞納経験があると借入可能額が減額される可能性が高くなります。

 

契約で決められた利用可能枠でも、その後の利用状況によっては増枠することも可能です。

 

 

キャッシングの返済をする際は、借入金利を含めた返済額を支払う必要がありますが、金融機関によっては利用限度額によって金利が固定される場合と借入額によって変わる場合の2つがあります。

 

 

大手消費者金融だと借り入れ限度額が比較的多めに設定されていることが多いですが、「限度額」=「実際に利用可能な額」ではありませんので注意しましょう。